こんばんわ。

今日も、ご訪問くださりありがとうございます。

 

今日は、入社して約半年の女性Aさんのご相談を例に、

どうしたら、先輩の足手まといにならずに

自分の仕事に自信を持つことが出来るようになるかを

解説していきます。

 

+++++ +++++

 

Aさんは、入社して約半年。

4月に入社して、3ヶ月研修も終え、

最近やっと、社会人として

仕事に慣れてきたような気がしているようです。

 

そして、少し心に余裕が出来て来たお陰で、

仕事を少しずつ頼まれるようになりました。

 

でも一生懸命取り組んではいるものの、

「まだ終わらないのか」

「いつまでに出来そうか」と、

 

先輩に頼まれた仕事の納期を催促されます。

 

何度も催促されるので、

なんだか、先輩の足手まといになっているような気がして

仕事に対する自信もなくなってきました。

 

 

どうしたら、先輩の足手まといにならずに仕事をこなし、

自信を持って仕事に取り組むことが出来るのでしょうか?

 

+++++

 

Aさんは、

 

*仕事を頑張りたい。

*先輩に頼まれた仕事を、ソツなくこなしたい。

*毎日気分よく、自信を持って楽しく仕事をしたい。

 

なのに、先輩に催促されることで、

自信を失いかけています。

 

こんなお悩みのAさんにオススメしたい、

「Aさんに出来ること」が二つあります。

 

・・・ ・・・ ・・・

 

*先輩のコミュニケーションタイプを知り関わり方を知ること。

*自分が自信を取り戻し楽しく仕事が出来るようになるために、

まずは、自分の性格や性質をよく知ること。

 

・・・ ・・・ ・・・

 

もし先輩が「Aさんの仕事が遅い」と思って

イライラしているのだとしたら、

 

先輩のコミュニケーションタイプは「コントローラー」の可能性があります。

 

そして、

 

仕事のペースがどちらかというと遅く、

仕事を楽しく取り組みたいと思っているのだとしたら、

 

Aさんのタイプは「サポーター」の可能性があります。

 

コントローラーの先輩には、

 

自分の今の進捗状況を伝え、

どうすれば良いのか判断を仰いでみましょう。

 

そして、

 

困っていることは単刀直入伝え、

助けや教えを乞いましょう。

 

そして、あなた自信に対しては、

あなた自身がここまでとても頑張っていることを、大いにねぎらいましょう。

 

+++++

 

少し長い目でみて、

あなたに出来ることがもうひとつあります。

 

それは、自分の性格や性質をよく知ることです。

 

自分自身を深くよく知るためにオススメなのが、

「長所」や「強み」を見つけることです。

 

あなたは、自分の「長所」や「強み」を

自信を持って説明することが出来ますか?

 

私たち社会人の多くは、

自分の「長所」や「強み」をうまく説明することが出来ません。

 

説明できないのは、「自分のことをよくわかっていないから」

 

そして、「長所」や「強み」について

考えるということに、慣れていないからです。

 

+++++

 

あなたはどんなタイプですか?

 

◎明るく活動的で外交的

◎慎重派で内向的

◎全体のバランスをとても重視する

 

●その場の雰囲気を作るムードメーカー

●全体をコントロールするリーダー管理者

●コツコツ実績を重ねるサポーター

 

◇物事を決めるとき第一印象で即断即決

◇理論的に納得してから決断する

◇直感やヒラメキを重視し決断する

 

■新しいものを創り出すパワーがある

■今あるものを受け継いで広めていく役割

■これまで構築したものを完成・完結させる

 

この4つが分かるだけでも、

人との関わりがとてもラクになります。

 

+++++

 

あなたの考えかたや捉え方は、

決して人と同じではありません。

 

誰かのまねをしたからと言って、

勉強が出来るようにならないのと一緒で、

 

あなた自身がどんな人なのかを

よく知ることがとても重要ですし、
それを知ることで、

 

あなたの「ありのままの姿」に

自信が持てるようになってきますよ。

 

 

**********

 

 

「長所」や「強み」を明確にするパーソナル数秘塾

https://ameblo.jp/sakura-heart-club/entry-12394895317.html

数秘・マスターコース

https://ameblo.jp/sakura-heart-club/entry-12387414860.html

数秘個人カウンセリング

https://ameblo.jp/sakura-heart-club/entry-12387237144.html