田辺さんのお悩みです。

 

4月に入ってきた新入社員の青山さんが、

突然「辞めたいです」といってきたそうです。

 

これまで自分なりに育ててきたのに、

「なんでそんなに簡単にやめてしまうのかと思う」といいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その理由が、実は自分の対応が原因なようだ・・・と、

先日人事部から指摘されました。

 

何がまずかったのだろう・・・思うのですが、

思い当たる節が見つかりません。

 

叱咤したこともありましたが、

「早く仕事に慣れてもらいたい」という気持ちがあったからこその対応だったし、

 

そんなことで「辞めたい」と思っているとは考えづらいのです。

 

辞めるといっている新入社員の青山さんはどんな感じの方ですか?

 

叱ったり注意したりはしょっちゅうでした。

 

ても、「はい」と言って、

文句言わずに仕事をこなしていました。

 

仕事はどちらかというと遅いほうで、

自分としては、「もっと早くできないのか!」と、

見ていてイライラしてしまい、嫌味や、突き放すようなことも言ったこともあります。

 

ふざけて手を出したこともあったけど、

笑って「やめてくださいよ~」とうまくかわしていました。

 

関係性は悪くないと思っていました。

 

田辺さんは、青山さんにどんな対応をすると良かったのでしょう?

 

田辺さんのお話を聞いていると、田辺さんの思いばかりで、

青山さんがどう思っていたのかというお話がほとんど聞けませんでした。

 

コミュニケーションがあまり取れていなかったように感じました。

 

まずは、

 

  • 青山さんの気持ちをしっかり理解してあげること
  • 田辺さんの思いも相手に伝わるように伝えること

 

新入社員の青山さんは、仕事のペースが遅いようだということでしたので、

 

なおさら、青山さんの状況を確認してあげる必要が

あったのでは?と感じました。

 

そこで、こんな助言をさせていただきました。

 

 

仕事が身について臨機応変に対応できる田辺さんのもとに、

 

仕事のペースの遅い部下が来ると、

イライラしてしまうのはわかります。

 

田辺さんの時間が青山さんに取られますし、

思ったように仕事ができなくて窮屈に感じたのかもしれませんね。

 

でも部下との関係をうまく築いて行きたかったら、

部下のペースに合わせてあげることが大切ですね。

 

中には田辺さんのペースに合わせて動いてくれる部下もいるかもしれません。

 

でも、部下も上司もお互いに選ぶことはできないのです。

 

だとしたら、部下が仕事に慣れるまでは、

部下のペースに合わせてあげる必要があるのではないでしょうか?

 

1年も勤めていないのに、

田辺さんと同じペースの仕事を求めてしまうと、

 

苦しくなってしまうものです。

 

 

これは、田辺さんの今後のためにお勧めしたいことですが、

 

「仕事がどこまで理解できているのか」

「どうすると、仕事を間違えずに正確にこなすことが出来るのか」

 

部下に確認してあげると良いですね。

 

確認することで、部下も安心しますし、

田辺さんも、このままの指導でいいのか、修正するべきなのかが判断できますね。

 

 

上司の皆さん~

 

「仕事を見て覚えろ」とか

「言ったことを一度で覚えろ」という

 

昔のやり方でコミュニケーションをとったつもりに

なってはいないでしょうか?

 

自分もそういう風に育てられてきたからと、

同じように部下に通用するとは限りません。

 

人は十人十色です。

 

相手に合わせたコミュニケーションが取れるようになるといいですね。